>  > 憧れがあってキャバクラで

憧れがあってキャバクラで

私は六本木にあるキャバクラでキャバ嬢をしています。私が六本木のキャバクラに入ったきっかけは、近所のお姉さんでした。昼間いつも家でゴロゴロしてスウェットでふらっとコンビニに行ってるようなお姉さんだったんですけど、あるとき見てしまったんです。そのお姉さんはマンションに一人暮らしをしていて、いつ見ても綺麗とは言えない格好をしていたのでどうやって生活しているのか気にはなってたんです。そして、夕方別人のように着飾って颯爽とタクシーに乗ってどこかに行く姿を見てピンときました。いつもの汚い格好が嘘のようにすごくイイ女に見えて女なのにドキドキしてしまうほど綺麗でした。あのお姉さんみたいに綺麗な格好をしたいと思って、あるときコンビニで話しかけると、キャバクラで働いていると教えてくれたんです。それから私の目標はそのお姉さんになってしまい、両親の反対も聞かずに高校を卒業したら就職はせずにキャバ嬢になりました。最初はドキドキしましたね。今は毎日が楽しくて、キラキラ輝いています。

[ 2017-02-24 ]

カテゴリ: キャバクラ体験談

フリーエリア

カテゴリー

月別アーカイブ